経営理念
ごあいさつ
代表取締役 天白 拓治 おかげさまで創立60周年を迎えることができました。

新年明けましておめでとうございます。 おかげさまで今年は創立60周年目を迎えます。
私自身入社後35年、社長に就任して早22年が経過し、その時の流れの速さに驚いています。
その間多くのお客様や社員の皆さんに支えられて、ここまでこれたことに感謝申し上げます。

昨年は我々物流事業者が極めて公共的な事業であり、又社会に対して重大な供給責任を負わされていることを実感させられた一年でした。 というのも、昨年トラックドライバーの人手不足によるトラック輸送の供給不足が我々食品業界を直撃したからです。
特に年末の繁忙期にその現象が顕著に表面化し、物流が処理しきれなくて困っている荷主企業様が多数見られました。その中でもわが社では、社員一丸となって最後まであきらめることなくお客様の要望に最大限こたえることができたことは、社員にとって大きな自信となっただけでなく、私自身社員の成長をたくましく感じることができました。

マスコミではアベノミクスによる経済効果を声高に謳いあげているようですが、我々食品業界はその恩恵にはあずかれていないどころか、顧客企業様におかれましては円安による原料高騰にもかかわらず値上げが浸透せず、厳しさが増している状況にあると感じています。
今年もお客様の声に真摯に耳を傾け、共に物流改善に取り組む所存です。
「社員の成長なくして会社の成長なし」
今年も社員の皆さんと共に成長し続ける決意です。

経営理念
経営理念イメージ
1.顧客本位

私達は、お客様と消費者の皆様の利益を最優先し、
お客様に感謝される事を一番の目標とします。

2.独自能力

私達は、市場のニーズを的確に捉え豊かな創造力と発想で、
新しいサービスを提供し、社会になくてはならない企業となる事を目指します。

3.社員重視

私達は、お互いに尊重しあい、助け合い、能力を高め合い、
働きがいのある明るい企業を目指します。

4.社会との調和

私達は、物流を通じて地域社会に貢献し、環境に優しい企業を目指します。